エンドライド
エンドライド攻略wiki
強化スキル(バフ)の重複とダメージ計算解説

強化スキル(バフ)の重複とダメージ計算解説

最終更新 :

エンドライドの強化スキルの重複解説です。フォースとブーストの関係や、属性効果アップの性能についてもまとめています。ダメージ計算の解説や検証もしているので、エンドライドのバフスキル効果に迷ったら参考にしてください。

目次

オートスキルの効果解説はこちら

強化スキル(バフ)の種類

ダメージアップは大きく分けて3種類!

  • 攻撃力up系
  • スキル効果up系
  • 属性ダメージup系

ダメージアップできる強化効果には、攻撃力アップ・スキル効果アップ・属性ダメージアップの3種類がある。さらにその中で、オートスキルによるダメージアップや、チャージスキルによる強化などに分かれてくる。

攻撃力アップ系の種類

オートスキルフィジクフォース、マジックフォース
チャージスキルバーサク、ブースト
ラアーム、ラマジク
ラアームス
ラオール
必殺技スカーレット:物攻アップ
ウェルド:物攻アップ
ビスケット:物攻アップ
アクア:魔攻アップ
マジョリカ:魔攻アップ

攻撃力アップ系のスキルは、最もシンプルな強化効果。チャージスキルの強化には属性があり、使用者と同じ属性のスキルは効果がアップする。

スキル効果アップ系の種類

オートスキルフィジクブースト、マジックブースト
チャージスキル各属性エンハ、各属性エンハス

スキル効果アップという説明ではあるが、増加するのはダメージのみ。ステータスアップの効果が上がったり、状態異常が効きやすくなったりはしない。

属性ダメージアップ系の種類

オートスキル属性ブースト
チャージスキル各属性エレメ、各属性エレメス

その名の通り、対象属性による攻撃のダメージがアップする。オートスキル・チャージスキルともに、この効果を持っているものは数が少なく貴重。

スポンサーリンク

スキルの重複解説

スキル重複早見表

重複する・オートスキル全般
・必殺技とチャージスキル
・ラオールと他の強化効果
・対象者が異なるスキル
(参戦者全員・自パーティ・自身)
重複しない・同じ効果を持ったチャージスキル
(ラオールとバーサクなど)

オートスキルは全て重複する

オートスキルは、同じ効果を持ったものも全て重複する。例えば、フィジクフォースを2個発動するように装備しても、決して無駄にならないので安心しよう。

自身が使ったチャージスキルは重複しない

チャージスキルで同じ効果を持ったものを使用すると、後からかけたものが優先される。ただし例外として、対象者が異なる効果は重複する。例えば、ラアームスとバーサクは、自パーティと自身で対象が違うので、重複して足し算される。

必殺技とチャージスキルは重複する

必殺技の強化対象は基本的に参戦者全体で、自パーティや自身が対象となるチャージスキルと重複する。例えば、ビスケットの必殺技で物攻+5した後にラアームを使うと、さらに+4されて物攻+9になる。

ダメージ計算解説

大まかなダメージ計算式

ダメージ計算式
基本ダメージ x スキル効果UP x 属性ダメージUP

エンドライドでは、基本ダメージに対してスキル効果アップや属性ダメージアップをかけた数値が最終ダメージとなる。このとき、攻撃力アップ系スキルは、基本ダメージにかかってくる。

同じ種類の強化は加算(たし算)!

フィジクフォースLv10 + フィジクフォースLv10
50%UP + 50%UP = 100%UP

エンドライドのダメージ計算では、同じ種類の強化効果は加算される。例えばオートスキルなら、武器と装飾の両方にフィジクフォースLv10を装備すると、50%アップ+50%アップで100%アップになる。

別種類の強化は乗算(かけ算)!

フィジクフォースLv10 + フィジクブーストLv10
(50%UP x 50%UP) = (1.5倍 x 1.5倍) = 125%UP

エンドライドで大ダメージを出すのに重要なポイントは、別種類の強化は乗算されるという点。例えば、武器にフィジクフォースLv10、装飾にフィジクブーストLv10を装備すると、1.5倍x1.5倍で2.25倍、つまり125%アップになる。

【結論】全種類の強化を詰め込むと強い

別種類の強化が乗算であるため、攻撃力アップ系・スキル効果アップ系・属性ダメージアップ系の全てを詰め込むとダメージが跳ね上がる。オートスキルとチャージスキルをバランスよく装備して、超強力な一撃を放とう!

自己強化のみで最高火力を出す装備例

オートスキル1フィジクブーストLv10
オートスキル2属性ブーストLv10
必殺技物理攻撃力アップ
チャージスキル1バーサクⅢ
チャージスキル2属性エンハγ
チャージスキル3イグノアエッジ
チャージスキル4チェイスエッジ

上記組み合わせであれば、全ての強化を乗せてイグノアエッジやチェイスエッジで大ダメージが狙える。乗算なので使う順番を気にする必要はないが、準備に時間がかかるのでバーサクなどの短いスキルは最後に使おう。

スポンサーリンク

別スキルの組み合わせは本当に強い?
実際のダメージ検証!

ダメージ検証の条件

同じスキル(マジックフォース×2)よりも、別スキル(マジックフォース×属性ブースト)の方がダメージが高くなるのかを検証した。条件は以下の通りで、魔攻に12の差があるが、誤差範囲とする。

条件1

魔攻21642
オートスキル
(スキルLv8)
マジックフォース + マジックフォース
計算式40%up + 40%up = 80%up

条件2

魔攻21630
オートスキル
(スキルLv8)
マジックフォース x 属性ブースト
計算式140% x 140% = 196% = 96%up

敵キャラの条件

ダメージ検証にはライムの試練・紅蓮、ベリーハードのボスを使用した。もちろん自身、敵どちらにも強化、弱体化はかかっていない状態での検証だ。

ダメージ検証の結果

条件1でのダメージ

イグノアフォース36000~39000
必殺技47000~51000

条件2でのダメージ

イグノアフォース41000~45000
必殺技52000~56000

ダメージ検証の結論

上記、ダメージ計算解説の通り、「マジックフォース2つ」の組み合わせより、「マジックフォースと属性ブースト」の方が明らかにダメージが高くなった。他にもマジックブーストを組み合わせれば、さらなる火力アップが狙えること間違いなしだ。

ブレ幅がある?

何度か検証した結果、同じ条件でもダメージには結構なブレが出た。つまり基本のダメージ計算以外に乱数が存在して、そのブレ幅はおよそプラスマイナス5%ほどだということが判明した。

エンドライドの他の初心者向け記事

序盤の効率的な進め方

キャラの育成情報

化宝具の強化情報

その他システム解説


※全てのコンテンツはGameWith編集部が独自の判断で書いた内容となります。
※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。

[記事編集]GameWith
[提供]エンドライド

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

エンドライド掲示板

ガチャ情報

ランキング情報

キャラ情報

レア度別のキャラ一覧

属性別のキャラ一覧

化宝具情報

レア度別の化宝具一覧

属性別の化宝具一覧

クエスト攻略情報

初心者向け情報

キャラ育成

化宝具強化

システム解説

提供

[記事編集]GameWith
[提供]エンドライド

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中